本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


SCARTSで開催されるイベント


北海道教育大学・実験劇場 第8回公演 マドリガーレ・オペラ「土方歳三最後の戦い」~義に殉じた男~(演奏会形式)

北海道教育大学・実験劇場 第8回公演 マドリガーレ・オペラ「土方歳三最後の戦い」~義に殉じた男~(演奏会形式)


2018年に初演された室内オペラを、演奏会形式(舩岳紘行の点描画をプロジェクターで投影しながら室内オーケストラ付で演奏)で公演。北海道150年の史実を音楽舞台化した新作です。
(マドリガーレ・オペラ「箱館戦争」~榎本武揚と黒田清隆の戦い~続編)

日時
2019年3月23日(土)
開演 16:00(15:30開場)
会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS SCARTSコート 
プレ・レクチャー
16:00~16:25
講話:塚田康弘
ゲスト:広瀬るみ・二宮穀・舩岳紘行
制作等
原作:広瀬るみ
台本:塚田康弘
作曲:二宮穀
指揮:二宮穀
演出・構成:塚田康弘
美術:舩岳紘行
演奏:北海道教育大学・実験劇場付室内合奏団
 山本泰子・高杉奈梨子・小野寺百音・佐々木聖子(Vn)、今井佑佳・前南有(Va)、藤田淳子(Vc)、山田貴大(Cb)
チェンバロ:二宮英美歌
舞台監督:齋藤玲(札幌文化芸術劇場 hitaru)
練習ピアニスト:栃金紗希、畠山伶寧、斎藤有里
北海道教育大学・実験劇場制作部付:白川千愛
キャスト
土方歳三 田中誠
榎本武揚 鴨川太郎
黒田清隆 岡元敦司
大島圭介 粟野伶惟
人見勝太郎 外山雄一
中村三郎助 下司貴大
荒井郁之助 給前孝春
市村鉄之助 給前孝春
語り 塚田康弘
北海道教育大学・実験劇場について
北海道教育大学・実験劇場は、岩見沢校声楽第一研究室が平成24年にYoung Artists Training Programmeとして立ち上げたもので、本学が平成17年から10年間オペラワークショップ等を継続的に行ってきた成果を踏まえ、オペラ歌手育成のための次のステップとしての実践の場を提供するものです。さらに北海道教育大学による文化芸術の領域における地域貢献の先駆的な活動の一助として北海道に縁のあるオペラ歌手たちとの協力によるオペラ舞台活動の展開を目指して参ります。
今回の公演では、北海道、函館で繰り広げられた幕末戦争をテーマに、作家:広瀬るみ女史の原作を基に、本学教授:塚田康弘の台本、二宮穀作曲のマドリガーレ・オペラ「土方歳三最後の戦い」~義に殉じた男~として「函館戦争」シリーズの第二作品目として初演いたします。
この「函館戦争」シリーズの第一作目は、平成27年に初演後、28年にはイタリア・ツァンドナイ歌劇場で招聘公演を行い、29年には改訂版として「函館戦争」改として再演いたしました。そして今年度は、第二作目として室内オペラの舞台構成で、北海道におけるこの重要な歴史オペラを、イタリアで生まれたオペラの原型ともいえるマドリガーレの形式で公演します。およそ400年の時空を超えて、西欧の音楽様式に我が国伝統芸の一つの柱ともいえる「静」を彷彿とさせるモノトーンの舞台構成を重ね合わて、「土方歳三の逝き方」を音楽舞台劇(演奏会形式)として再演します。
料金
入場無料(要入場整理券)
無料入場整理券の申し込み方法(先着順)
入場整理券(先着128枚配布)は、札幌市民交流プラザ2階SCARTSインフォメーションカウンター(12時~16時)・北海道教育大学札幌駅前サテライト(9時~17時)にて先着順に配布します。
(その際、入場申込用紙に住所氏名のご記入をお願いします。お一人様1枚配布)
入場整理券配布開始日
2019年1月23日より(各配布場所によって、配布時間は異なります。)
主催
北海道教育大学・実験劇場、札幌文化芸術交流センター SCARTS(札幌市芸術文化財団)
制作
北海道教育大学岩見沢校声楽第一研究室
協力
北海道オペラ研究所・五稜郭タワー(株)・市立函館博物館
後援
北海道・函館碧血会・佐藤彦五郎新撰組資料館・土方歳三資料館・天然理心流試衛館
お問い合わせ先
011-271-1955(札幌文化芸術交流センター SCARTS)/0126-35-1400(i-BOX)
チラシダウンロード
チラシをダウンロード >>