本文へスキップします。

メニュー

ここから本文です。

ウェブアクセシビリティ方針

札幌市民交流プラザ公式ホームページ達成基準

札幌市民交流プラザでは、平成29年度末までにJIS X 8341-3:2016の達成等級AA、及び一部のAAAに準拠することを目標としております。

札幌市民交流プラザ公式ホームページ達成基準

JIS
細分箇条
等級 達成基準 解説
1.1.1 A 非テキストコンテンツの達成基準 画像やボタンなど、文字以外のコンテンツには、それらと同等の目的を果たす代替テキストを提供する。
(例)画像にalt属性を付与する。
1.2.1 A 音声だけ及び映像だけ(収録済み)の達成基準 音声のみ、又は映像のみのコンテンツには、それらと同等の目的を果たす代替テキストを提供する。
(例)音声情報をテキスト化したものを用意する。
1.2.2 A キャプション(収録済み)の達成基準 動画コンテンツに対して、音声情報と同じ内容の字幕(キャプション)を提供する。
1.2.3 A 音声解説又はメディアに対する代替コンテンツ(収録済み)の達成基準 動画コンテンツに対して、映像情報を伝える代替コンテンツ、もしくは副音声などの音声ガイドを提供する。
1.2.4 AA キャプション(ライブ)の達成基準 生放送の動画コンテンツに対して、音声情報と同じ内容の字幕(キャプション)を提供する。
1.2.5 AA 音声解説(収録済み)の達成基準 動画コンテンツに対して、映像情報を伝える副音声などの音声ガイドを提供する。
1.3.1 A 情報及び関係性の達成基準 情報は、プログラムが情報の意味を解釈できるように実装する。
(例)リストはテキストの「・」で表現するのではなく、ul/ol要素などを用いる。
1.3.2 A 意味のある順序の達成基準 コンテンツを意味のある順序で並べ、音声読み上げソフトなどを使用しても、意図通りの順に情報が伝わるようにする。
1.3.3 A 感覚的な特徴の達成基準 音声読み上げソフトでは形や大きさ、方向など感覚的な情報を理解できないため、テキストで情報を伝える。
(例)「三角形のボタンをクリックしてください」→「検索ボタンをクリックしてください」
1.4.1 A 色の使用の達成基準 色を用いて情報を伝えるときは、色だけではなく、テキストでも情報を伝える。
(例)フォームの必須項目を赤色で示すだけではなく、各項目にテキストの「必須」を設置する。
1.4.2 A 音声の制御の達成基準 音楽などの音声が、ページを開いたときに自動で再生しないようにする。また、再生・一時停止などをユーザーがコントロールできるようにする。
1.4.3 AA コントラスト(最低限レベル)の達成基準 文字(画像文字も含む)と背景色は、少なくとも4.5:1のコントラスト比をもたせ、視認性を高める。
1.4.4 AA テキストのサイズ変更の達成基準 テキストの大きさは固定せず、ブラウザなどの機能で200%まで拡大し、通常のサイズと同じように情報を理解できるようにする。ただし、ロゴや画像化された文字は除く。
1.4.5 AA 文字画像の達成基準 ロゴなど必要不可欠なものを除いて、文字は可能な限り画像化せずにテキストで提供する。
2.1.1 A キーボードの達成基準 ページ上のすべての機能をキーボードのみでも操作できるようにする。ただし、ペイント機能など、マウスの軌跡などを利用する機能は除く。
2.1.2 A キーボードトラップなしの達成基準 キーボードを用いてページ上の機能にアクセスしたとき、キーボードでその機能から抜け出せるようにする。
2.2.1 A タイミング調整可能の達成基準 コンテンツを利用するのに制限時間を設定する場合は、利用者が設定時間の解除などをできるようにする。
2.2.2 A 一時停止、停止及び非表示の達成基準 スライドショーや動画などの動きのあるコンテンツは、利用者が一時停止・停止・再生などをできるようにする。
2.3.1 A 3回のせん(閃)光、又はしきい(閾)値以下の達成基準 閃光を放つコンテンツがある場合、閃光する場所を十分に小さくし、1秒間に3回以内にする。
2.3.2 AAA 3回のせん(閃)光の達成基準 1秒間に3回の閃光を放つコンテンツを設置しない。
2.4.1 A ブロック・スキップの達成基準 ナビゲーションなどのメニューをスキップすることができる機能を設置する。
(例)ページ先頭に「本文へジャンプ」などのリンクを設置する。セクション毎に見出し要素を設置する。
2.4.2 A ページタイトルの達成基準 ページの目的やサイトとの関連性がわかるようなページタイトルをつける。
2.4.3 A フォーカス順序の達成基準 リンクやボタンなどは、コンテンツの順番や関連性に従った順でフォーカス移動できるようにする。
2.4.4 A リンクの目的(コンテキスト内)の達成基準 テキストリンクは、可能な限りそれ単体でリンク先のページを理解できるようにする。
2.4.5 AA 複数の手段の達成基準 各ページに訪れる手段を、いくつか用意する。
(例)本文等からの移動の他に、サイトマップからも移動できるようにするなど。
2.4.6 AA 見出し及びラベルの達成基準 見出しやラベルなどは、目的や内容がわかるようにする。
2.4.7 AA フォーカスの可視化の達成基準 キーボードを用いてコンテンツにフォーカスを移したとき、視覚的にフォーカスが移動したことがわかるようにする。
(例)画像にフォーカスを移したときに、画像が波線で囲まれるなど。
3.1.1 A ページの言語の達成基準 言語属性を用いてページの主要な言語が何かをプログラムが理解できるようにする。
3.1.2 AA 一部分の言語の達成基準 主要ではない言語がページ内に現れたときは、その言語が何かをプログラムが理解できるように、言語属性を用いる。
3.2.1 A フォーカス時の達成基準 すべてのコンテンツは、フォーカスを受け取っただけで状態が変化(実行)しないようにする。
(例)リンクがフォーカスを受けとると同時にダイアログが開かないようにする。
3.2.2 A 入力時の達成基準 フォームにテキストを入力する、ラジオボタンにチェックを入れるなどしただけで、状態が変化(実行)しないようにする。必ず、実行ボタンを用意する。
3.2.3 AA 一貫したナビゲーションの達成基準 複数のページで繰り返し表示されるメニューなどのナビゲーションは、どのページでも同じ順序で表示する。
3.2.4 AA 一貫した識別性の達成基準 ウェブサイトの中で同じ機能をもつものは、すべて同じラベルや代替テキスト、識別名などを設定する。
(例)「検索」ボタンに対して、「検索」という同じ代替テキストを設定する。
3.3.1 A エラーの特定の達成基準 お問い合わせなどの入力フォームで入力エラーがあった場合、エラーの内容が容易に伝わるようテキストで情報を伝える。
3.3.2 A ラベル又は説明の達成基準 お問い合わせなどの入力フォームで、フォームに適切なラベルを提示し、また必須の有無、入力制限(半角英数のみなど)や入力例を提示し、利用者が入力ミスをしないようにする。
3.3.3 AA エラー修正の提案の達成基準 お問い合わせなどの入力フォームで、入力ミスがあったときなどに、適切と思われる修正候補を提示する。
3.3.4 AA エラー回避(法的、金融及びデータ)の達成基準 利用者に所得税申告などの法的な義務が生じたり、金銭のやり取りが発生したりする場合、情報を送信する前に必ず確認や修正が出来るようにするなどして、利用者が間違いをしないようにする。
4.1.1 A 構文解析の達成基準 ウェブページのHTMLやCSSなどは、仕様に準拠したものにする。
4.1.2 A 名前(name)、役割(role)及び値(value)の達成基準 ウェブページの各機能は、仕様に準拠し、ブラウザなどのプログラムが情報を解釈できるようにする。
トップページ