本文へスキップします。

札幌市民交流プラザ
お問い合わせはこちら
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ここから本文です。

アーカイブ

<アートステーションin道新プラザDO-BOX>
作品と私―森にいざなわれて

  • <アートステーションin道新プラザDO-BOX> 作品と私―森にいざなわれてのイメージ1枚目
  • <アートステーションin道新プラザDO-BOX> 作品と私―森にいざなわれてのイメージ2枚目
  • <アートステーションin道新プラザDO-BOX> 作品と私―森にいざなわれてのイメージ3枚目
 アートステーションの3回目は、札幌芸術の森美術館で開催している「札幌美術展 柿﨑熙―森の奥底―」に合わせ、作家の柿﨑熙氏をお招きして開催しました。
 第1部では、柿﨑氏の制作に関する考え方や取り組みなどの活動の原点となるお話と、実際に作品をお持ちいただき、ご自身の作品の解説をしていただきました。
 第2部では、展覧会の担当学芸員が聞き手となって、柿﨑氏のこれまでの制作を振り返る対談を行いました。
 柿﨑氏のお話を聞いて新たな見方を発見し、札幌芸術の森美術館に足を運びたくなったとアンケートに記入された参加者の方も多くいらっしゃいました。
日時
2017年2月18日(土) 13時00分~14時00分
会場
道新プラザDO-BOX(北海道新聞本社1階)
出演
<ゲスト> 柿﨑 熙(現代美術家)
<聞き手> 佐藤 弥生(札幌芸術の森美術館 学芸員)
入場者数
91名