本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


SCARTSで開催されるイベント


鈴木康広 雪の消息 / 残像の庭

鈴木康広 雪の消息 / 残像の庭


北海道では初となる鈴木康広の個展を開催します。鈴木は、身近な風景や自然現象を新鮮なまなざしで見つめ、私たちがふだん気に留めることなく見過ごしているものごとのなかに、世界の新しい捉え方が潜んでいることを示してきました。
本展では、2006年に初めて訪れた札幌の「雪」の印象を手掛かりに、活動の初期から続く「水」への関心が、氷点下の水のかたちにまで及んだ最新作《氷の人》を発表します。また、本展にあわせてスケールアップした《りんごの天体観測》を含む約20点を展示します。
作品に導かれ、さりげない現象に目を凝らし、耳を澄ましているうちに、これまで気がつかなかった自然からの知らせを受け取ることができるかもしれません。
過ぎ去った白い季節、遠い星々、あるいは誰にもあった幼い日々―
夏の札幌から少し離れた庭へ、ひとときの旅に出てみませんか。

日時
2019年8月17日(土)~ 9月16日(月・祝)
10:00–19:00(最終入場は18:30まで)
※無料エリアのみのプレオープン 8月11日(日)–16日(金)/8月14日(水)休館
会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS SCARTSコート SCARTSスタジオ SCARTSモール 
プロフィール
鈴木康広 Yasuhiro Suzuki
1979年静岡県生まれ。既にあるものや見慣れた現象に新鮮な切り口を与える作品によって、ものの見方や世界のとらえ方を問いかける活動を続けている。2014年に水戸芸術館、2017年、箱根彫刻の森美術館にて個展を開催。2018年、「ふねと水辺のアートプロジェクト」で隅田川を《ファスナーの船》が運航し話題に。その他の代表作に《まばたきの葉》、《空気の人》など。2014毎日デザイン賞受賞。平成29年度文化庁文化交流使。武蔵野美術大学准教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。
アーティストトーク
出演:鈴木康広
日時:① 2019年8月17日(土)16:00 – 17:00
   ② 2019年9月16日(月・祝)14:00 – 15:00
会場:札幌市図書・情報館 1階  入場無料
SCARTSアートコミュニケーター*による鑑賞プログラム
日時:2019年9月14日(土)
詳細はSCARTSのウェブサイトで発信します。
*SCARTSアートコミュニケーターは、札幌市民交流プラザを拠点に「市民とアートのつなぎ手」として主体的に活動しています。
主催
札幌文化芸術交流センター SCARTS(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社

後援:札幌市、札幌市教育委員会
助成:芸術文化振興基金
協力:アイティーエル株式会社、株式会社ゴトー工芸、株式会社セイコープラスチックス、東京大学生産技術研究所 試作工場、東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野、株式会社メディアタージ
料金
無料エリア:SCARTSモール(1-2階)
有料エリア:SCARTSコート(1階) SCARTSスタジオ(2階)

一般 500(400)円
高校・大学生 250(200)円
中学生以下無料
65歳以上400(320)円(年齢の分かるものをお持ちください。)
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくと、ご本人と付き添いの方1名が無料になります。
※( )内は10名以上の団体料金です。
※リピーター割引:2回目にご来場の方は団体料金でご覧いただけます。チケット半券をご提示ください。
お問い合わせ先
札幌文化芸術交流センター SCARTS TEL:011-271-1955
チラシダウンロード
チラシをダウンロード >>